「公式戦」されど「通過点」

県統一学力診断テストが

11月5日に茨城の各中学校であった。

 

このテストは私立の入試にちょびっとだけど

影響のある、いわば「公式戦」

 

ということで、普段、模擬試験の対策講座はしないが、今回はやってみた。

 

今回のマインドセット(心構え・物事の考え方)は

 

「経験は実力以上のものを引き出す」

 

問題の雰囲気(傾向なんて中学生にはわかりません。:))

難しさ、簡単さを感じるとともに

もう一つ、

 

「表紙」にもこだわってみた。

 

この学診の表紙(過去問の)を見ることによって、

学診に一度「経験」した、ということを味わってもらった。

 

これで、本番で問題が配られた時に、

「おっ!同じ表紙だ」と思うことによって、心に落ち着きが生まれ、

「ミスを生む不要な緊張」を生まないようにした。

 

スポーツの試合で、以前来たことのある試合場か、全く初めて来た試合場かで

緊張感が全く違うことを味わ事がある人もいるでしょう。

 

それと同じこと。

 

さあ、果たしてその効果はあっただろうか。

 

しかし、ちょびっと「公式戦」とは言え、

模擬試験は、その日の朝までの勉強の成果を見るだけの

「通過点」に過ぎない。

 

それをしっかりマインドセットして、

結果が返ってきたら、すぐに

解き直し、LF作り(聡明館ではNSと呼ぶ)を

していこう!!

 

それにしても、

 

当日、テストの表紙のデザインが

全く変わっていたら、困ったことになる...   :)

 


学診110番写真ギャラリー

学診110番受講生感想文


茨城県立入試まで

10月16日(火)

現在あと

 

142日

千葉県立入試まで

あと

 

121日

大学センター入試まで、あと

 

97日

聡明館FBはこちら!

お薦めの教育本!

聡明館も掲載!

クリックするとamazon販売ページへいけます!
クリックするとamazon販売ページへいけます!