じいちゃんばあちゃんの力になるぞ!

もう1つの入試!「介護福祉士になりたい!…でも…」彼の足を引っ張っていたものとは…

としぴょんは、小5から高3までの

8年間、聡明館に通って来た。


来た時には塾挑の胸くらいまでしかなかったのに、今では頭1つ分デカい!(笑)


大きく成長したもんだ!

体もそして心も。


としぴょんは勉強が嫌いだったなあ~

嫌いだからやらない、やらないから点数が取れない、だからドンドン嫌いになっていった。


そのとしぴょんも2010年、中2の時に、

忘れ物リスト(河原塾河原塾超作)に出会い、何とか、私立の推薦をもらい高校に進学。


ただ、ここからの勉強は中学校の時のそれとは、大きく変わっていった。


高校生の忘れ物リストを使い続け、彼はドンドン順位と点数を伸ばしていった。

そして、それを少しずつ彼の中に自信を生み、高校卒業後の進路を考えるまでに

なっていった。


高2のある日、塾挑が訊いた。

「将来、何になりたいの?」最初は中々答えなかった。何度が訊くうちに、

ようやく彼がボソッと言ったのは…


「介護福祉士…でも…」


そう、この「でも」が必ず最後につく。


「でも?何?」

「お前には無理だって言われる。」

「誰に?」

「親や高校の先生に…」


「で、自分は成りたい?成りたくないの?介護福祉士」

「成りたい!・・・・・・・・・・・でも」とすぐに下を向いてしまう。


「成りたきゃ成ればいいんだよ。自分の人生やりたいことやって生きていけばいいんだよ。」


としぴょんの顔が見る見る明るくなっていった。


そんなこんなで、

じゃあ、大学に行くのか、専門学校にするのか、

どんなところに介護福祉士になるためのコースがあるのか、

学校探し始まった。


としぴょんは、最終的に専門学校の介護福祉士になるためのコースへ進学した。

聡明館へも3月末日まで在籍、そして高校の復習をしっかり終わらせていった。


5月のある日、としぴょんが聡明館に来た。

「いや~塾挑、毎日忙しくって大変ですよ~、やってらんないすっよ!」


というその顔は、

5月の青空のような満面の笑顔だった。


彼は大学へは行かなかった。

それでも、後輩へのお手本になる、学ぶべき点の多い、高校生活&進学になった。


塾挑は間違いなくそう確信している。



茨城県立入試まで

8月21日(火)

現在、あと

 

197日

千葉県立入試まで

あと

 

177日

大学センター入試まで、あと

 

151日

聡明館FBはこちら!

お薦めの教育本!

聡明館も掲載!

クリックするとamazon販売ページへいけます!
クリックするとamazon販売ページへいけます!