10時間勉強したら不安増大!?

6月24日~26日にそれぞれの中学校で期末テストがある!

 

その対策の一環として

6月21日(日)に

「期末テスト直前10時間Special」

をおこなった。

 

 

今回は、期末テストで自己新の得点、順位はもちろん、あわよくば学年1位を取るべく、18日前から準備を進めた!

 

各中学校の試験範囲表には教科書からの出題ページ数の他に、

「ワークP○○~P△△」というものも書いてあって、ここからの出題はほぼ

100%!

 

なので、このワークを徹底的に「自力で解き」、それを「忘れ物リスト」(河原塾河原塾超作)にドンドンまとめていった!

 

しかし、それが思うように進まない・・・

 

でも、それは当たり前!

テキトーにやって、間違えたら赤ペンで答え書き込んで終わりではないのだ!

 

間違えたら、解き直し、覚えていれば確実に出来るようになるものは、全て

「忘れ物リスト」へ書き込み、暗記しまくる!

 

それを徹底的にやるのだ!

だから、そんなに簡単に進む訳がない。


10時間スペシャルが始まる前、みんなはこう思っていたに違いない。


「10時間あればラクショーに終わる!」


ところがところが…


10時間やり切った達成感はあったけど、

勉強をやり切った感はほぼゼロ!


それどころか、

「やればやるほど、やることが多いことに気づいて、余計に不安になった!」


これが一番みんなが思ったこと。


でも、それを聞いて「シメシメ」と塾挑は思った。


そう思うからこそ、勉強は「習慣と継続」が大事なのです。

勉強に終点はない!


それに一生懸命にやったからこそ、

「点が取れなかったらどうしよう…」って思う訳だからね。


つまり、今の時点で「ベストは尽くした」証拠でもあるのです。


そして、もう1つ、みんなも大事なことに気づいて、そして言っていたね。

「期末が終わったら、学校で1単元やったらそこのワークをやって、忘れ物リストを作っていってしまえば、もっとやれる!」と。


でも、大丈夫!

今回の期末はきっと自己新は出るよ!

だって、正しい方法でやるだけはやったんだからね~!


部活を言い訳に「どうにかなるよ!」って笑っていた人は、

間違いなくどうにもならず、その笑顔は結果を見てきっとひきつるよ~。笑


さあ、結果も楽しみだけど、

期末が終わっても翌日の朝学(午前5:00~)に出て、そして夕方聡明館にも来る

みんなの少しずつの成長がとてもうれしい。


茨城県立入試まで

10月16日(火)

現在あと

 

142日

千葉県立入試まで

あと

 

121日

大学センター入試まで、あと

 

97日

聡明館FBはこちら!

お薦めの教育本!

聡明館も掲載!

クリックするとamazon販売ページへいけます!
クリックするとamazon販売ページへいけます!