居眠りのススメ!

 夏期講習通信4

 

ふつう、塾での勉強中に、居眠りなどしようものなら先生に、

 

「コラッ!何、寝てるんだ!

                      起きんかい!」

 

怒鳴られてしまうだろう。

ところが聡明館では、公然と寝ている生徒がいる。:)

 

もちろん、授業の合間の休み時間に寝ているのは元々OK!

そうではなくて、授業中に堂々と寝ているのだ!

 

実はこれ、夏期講習で認めている、「オヤスミ時間」

 

夏期講習とか受験勉強って、眠いのを歯を食いしばって耐えて、

あくびをかみ殺してがんばる!ってイメージがありますね。

そんなことして勉強しても、ノートの文字はミミズの這いつくばり、目も虚ろ!

大事な内容が脳にまったく残らなくて、時間の無駄!

 

だったら、いっそ「眠かったら寝てしまおう!」ということで、

1人20分~30分(/日、その生徒の授業時間数による)「オヤスミ時間」を持つことにした。(全体がなんとなくダラ~んってしてきたら前々回の塾挑日記の「抜き打ちテストもある)


 

どうしても眠くて、集中できない時、脳の思考力がストップしそうな時、

「塾挑~10分寝ます~」と宣言して、すぐ熟睡(笑)

 

10分後、容赦なく起こすが、その時には、スッキリした顔で、すぐに勉強が再開できる。

 

聡明館は「早朝夏期講習(午前6:00開始)」なので、終了して帰宅してからも、

「昼寝」をススメている。

 

寝すぎたらいけないが、適度な「居眠り」「昼寝」は脳の力を回復させ、勉強の加効果を上げるには、大変重要なものなのである。

 


「ちょっと時間でも熟睡することで脳も気力も回復!」

「起きろ~の合図でスッキリ目を覚まし、すぐに勉強再開~!」

茨城県立入試まで

11月14日(水)

現在あと

 

114日

千葉県立入試まで

あと

 

92日

大学センター入試まで、あと

 

68日

聡明館FBはこちら!

お薦めの教育本!

聡明館も掲載!

クリックするとamazon販売ページへいけます!
クリックするとamazon販売ページへいけます!