「食べる」は、うれし!たのし!難しい!

夏期講習通信9

 

この夏は、子供達はよく食べた!

 

・お土産のお菓子!

・差し入れの地元名物

「伊勢屋の玉子巻き!!」

これは絶品!いつも売り切れる!!

・副塾長が作った「おやつ」

 

 

そして、各家庭でお母さんが握った(たま~にコンビニの)「おにぎり」

 

授業が6時からと早いので、9時ごろには、もう🍙を取り出して食べている!

 

これが最高!日本が世界に誇る「おにぎり」は当然お米から出来ているから、脳を動かすエネルギーのブドウ糖をたっぷり含んでいるので、血糖値が緩やかに上がり、緩やかに下がるので、勉強や試験には持ってこいだ!

 

流石!和食!ドンドン食べよう!!

 

反対によくないのが「菓子パン」

これは、砂糖を多く含んでいるので、血糖値が急激に上がって、急激に下がる。

だから、これを朝ごはんに食べると、突然、集中力を失い、テストで惨敗する危険があるのだ!

 

副塾挑の作るおやつも、子供達のアレルギーの有無を親御様に訊き、

小麦なども「国産」(産地にもこだわり)の「良質の小麦」を使用している。

もちろん「油」もだ。

これでOK!な~~んて思っていた。

 

ところが最近、小麦は食うな!だとか、色々あるようだ。

もちろん、そういったものも、統計をとってのことと思うが、

何が正しくて、何が正しくないのか、よくわからないことが多い。

流行り廃りで振り回されたくはない!!

 

しかしながら…

う~む!!

 

「食べること」は難しい!

 

なんだかんだ言っても「和食」が一番良いようだな。

でも、和食のおやつってどんなんだ??


和菓子か!


茨城県立入試まで

11月14日(水)

現在あと

 

114日

千葉県立入試まで

あと

 

92日

大学センター入試まで、あと

 

68日

聡明館FBはこちら!

お薦めの教育本!

聡明館も掲載!

クリックするとamazon販売ページへいけます!
クリックするとamazon販売ページへいけます!