最強で最短の5教科強化法!

今年の冬期講習はそれぞれにテーマがあった!

高3:大学受験Just Do It!

高2:脳の再々起動!

高1:脳の再起動!

中3:自制心を整え、強化する!

そして

中2以下の

「鉄板科目を作る!」

 

 

中3から高3までのテーマは、中2までの「鉄板科目を作る!」がすでにベースにある!またそれがないと成り立たない!

 

塾での勉強、特に今回のような季節講習というと、どうしても世間では

「苦手克服」という言葉が多く出回る!どこの塾もみんな一緒だ!笑

 

まあ、気持ちは分かる!

そりゃ親御様も苦手を克服するために、子供達を塾によこしている場合も多いだろう!

 

でも、子供達にしてみたら、

「毎日、毎日苦手な嫌いな科目ばかりやらされる冬期講習なんて...

 

嫌だ!」ってことになるだろうな!

 

こんな気持ちじゃ、やる気もなかなか起きず、それまでに好きだった科目も結局らなくなって、全ての科目が沈み込んでいってしまう...

 

そこで、聡明館では、基本、普段からそうであるが、

今、自分が得意と感じている、あるいは、そこまで行かなくても他よりは「まし」と本人が感じている科目から、いやそれを徹底的に鍛える冬期講習を行なった!

 

なので、名付けて「鉄板科目を作る!」なのである!

 

冬期講習初日に塾生が自分は何を一番鉄板科目にしたいのか、その順位を決め、

勉強を開始した!

 

もちろん、苦手を完全に無視するわけではない!

その割合を考えて勉強するのだ!

 

例えば、数学を鉄板にしたい子は、5教科の勉強を100%とした場合、

数学50%、英語20%、社会、理科、国語10%こんな感じである!

 

そんなことしていたら、いつまでたっても5教科の総合点が上がらないじゃないか!と思う人もいるだろう!

 

しかし、これは昨年からこの方法で勉強してきたある塾生が大きな結果を出しことで、大きな確信を得ている!(元々この方法で勉強して来たが、かなり徹底してやってみた!)

 

詳細は省くがその塾生は5教科188点から得意の社会を鉄板科目にしていくことで、5教科345点まで上がって来た子だ!

 

つまり、得意な科目を鍛え上げ、得点を上げていくことでもたらされる自信、それが出て来て、初めて鉄板順位2位の科目、3位の科目、そして苦手科目へのチャレンジという気持ちが出てくるのだ!

 

日本人はとかく、欠点にばかり目がいき、長所を伸ばせないと聞いたことがある。

サッカー日本代表の森保一監督も

「良い所をドンドン出せ!そしてそれを徹底的に伸ばせ!」と話していた。

 

それはサッカーの話ではなくて、子供達の持っている力を最大限引き出そうと思った時、それは現段階では最良の方法に思える!

それは勉強でも同じことだ!

 

もちろん色々問題もある!

鉄板科目にすると心に誓っても、60点→70点ならそんな苦労もないが、それを常時90点以上(こうじゃないと鉄板とは言わない...)にするためには、今まで同じことをしていてもダメだ。

 

極限までミスを消し、応用・発展レベルまでやらなければいけない場合もある。

ましていわんや生活習慣が乱れていてはあり得ない。

 

そう、鉄板科目を作る工程は、そんなに楽ではないのだ!

(でも、嫌いな科目を延々とやらされるより100倍はいいでしょ!)

 

その第一歩を踏み出した今年の中1、中2!

これからも鉄板科目を1つ、2つ、3つと増やしていこう!

 

そう、これが最強で最短の5教科強化法なのだから!

茨城県立入試まで

7月17日(水)

現在あと

 

231日

大学センター入試まで、あと

 

190日

聡明館FBはこちら!

お薦めの教育本!

聡明館も掲載!

クリックするとamazon販売ページへいけます!
クリックするとamazon販売ページへいけます!