先生だけが燃えて強制的なのを詰込教育って言うんだよ!!

今回の冬休みは短かった!

ピッタリ2週間!

 

このまま昨年と同じ

冬期講習の日程を組んだら、全く時間数が下回ってしまう!

それでは全く勉強時間不足だ!

 

なので、昨年1日8時間の勉強時間を、今回は10時間にし、

全時間数も105時間に増やした!

 

すると途端に

「詰め込み教育だ!」

「そんなにしなくても...」

 

という人達が必ず現れる!:)

表面しか見ない人たちだ!

 

昔から

「塾は詰め込み教育の象徴だ!」とか言われてきた!

 

では、そういう人たちに問う!

詰め込み教育って何だ?

 

毎日、長時間勉強する事か?

 

塾挑はそうは思わない!

塾挑の思う「詰め込み教育」とは、

 

個人個人得意も苦手も違うのに、それらを1つのクラスに放り込んで、先生だけが燃えて、必死になって、一斉に授業を行なうこと!

 

まさにこれだ!

 

当然、その子にとって、入試において得点源かそうでないかにかかわらず、全てを勉強させ、分かろうが分かるまいが、次から次に内容を教え込んでいくから、子供達は、

 

「もう分かっている事」も

「やっても得点に結びつかない事」もやらされてしまう!

 

こういう役に余りたたない勉強を「詰め込み」というのだ!

 

聡明館は、当然ながら、私立・県立共に第一志望合格を考えれば、

その子にとっての「鉄板科目」と「苦手でも必ず潜む得点源」というものを考えて勉強をしていくので、全て自分に必要なことを各自がやっていく!

 

だからこそ、10時間でも続くし、結果として、疲弊することなく

勉強スタミナを蓄えた子供達に鍛えられていくのだ!

 

そして、塾生達は、今、自分史上最高の頭脳を手に入れた!

 

2019年~2020年 冬期講習風景

大摩擦の後の大進化!元日スペシャル!

今年で、もう9年目か?

元日スペシャルを行なった!

 

今年もいつものごとく、大摩擦!

そう、

「元日も塾をやるのか?」

「元日くらい休ませたい!」

「元日くらい家族と一緒に...」これのオンパレードだ!

 

だから、強制など一切しない!

でも、いつもながらの超満員!

(塾挑家の餅がなくなってしまうほどの大盛況~笑)

 

しかし、この大摩擦を乗り越えた先には何が待っているのか?

 

それは、信じがたいほどの充実した1日と、普通の人がやらない事を

やった、自分は出来たという、非常な満足感!

 

ここから生まれるものは、

「自分は出来る!」というかけがえのない大きな自信!

それは、正月返上と言いながら、「元日くらいは...」と休み、

2日から本格的になどと言っていては決して手に入れることなど出来ないものだ!

 

って、塾挑が偉そうに言わなくても、子供達の笑顔、感想を読んでみれば、分かるよね!:)

 

では、今年も宜しくお願い致します!

2020年1月1日元日スペシャル風景

スマホ版はこちらから!

茨城県立入試まで

10月19日(月)

現在あと

 

136日

大学共通テスト

 まで、あと

 

90日

聡明館FBはこちら!

お薦めの教育本!

聡明館も掲載!

クリックするとamazon販売ページへいけます!
クリックするとamazon販売ページへいけます!