涼しい顔して180時間の夏期講習!

 

塾挑が目指す塾は、

ホワイトボードや黒板の前で、先生だけががんばっている塾ではなくて、子供自身が、

 

自分にはどんな勉強をどれだけやることが必要なのかを考え、

試行錯誤して一歩ずつ前へ進んでいく姿がある塾です。

 

もちろん、そこに塾挑という道標が必要になる時もあります。

高校入試、大学入試でベストパフォーマンスが出来るように導いていくことも重要な事です。

 

小学校から中学へ、中学から高校へ、高校から大学へ、次のステージでも力を発揮できる、勉強のやり方、ものの見方、考え方、本質を見るマインドセットなど、教えていくことがたくさんあります。

 

しかし、その片鱗でも受け取った子供達は、自ら進んで行くようになります。

 

この夏期講習では111時間を超える勉強をした受験生もいます。

先生が黒板の前でがんばっているような受け身の勉強では、

到底無理なことです。

 

それが、勉強の本来あるべき姿です。

誰から強制されるのではない、自分の勉強です。

 

塾挑は塾の先生になったのが1988年の9月。

最初の夏期講習は1989年だったと思います。

聡明館を作ったのが1994年3月。

聡明館では、今年が聡明館塾挑としては、29回目の夏期講習でした。

 

しかし、全然子供達への指導において、完成したなどと思った事はありません。

還暦を迎えた今も、毎日が試行錯誤の連続です。

なので、同級生が会社を定年退職することの意味がよく分かりません。

何しろこちとら、未だに修行中なのですから。

 

完成にはほど遠い、塾挑の指導ですが、自信を持って言えることが1つだけあります。

それは、毎年、前年に比べたら必ず進化していることです。

ですから、毎年、過去最高の夏期講習をお送りすることが出来ます!

 

今年もそうでした。

それは、子供達のがんばりからも伝わって来ます。

そして、親御様のご協力が塾挑をさらに進化させていきます

 

2022夏期講習風景

聡明館へのお問い合わせは

こちらからどうぞ!

メモ: * は入力必須項目です

We save children's lives!

いばらきアマビエちゃん事業者登録をさせて頂き「感染防止対策宣言書」を出させて頂きました!

スマホ版はこちらから!

新HPスマホ版はこちらから

茨城県立入試まで

9月21日(水)

現在、あと

 

164日

 

大学共通テスト

 まで、あと

 

119日

聡明館FBはこちら!

お薦めの教育本!

聡明館も掲載!

クリックするとamazon販売ページへいけます!
クリックするとamazon販売ページへいけます!